代理店FC.comトップ > 代理店ガイド > 代理店・フランチャイズとは?

代理店・フランチャイズについて

代理店、フランチャイズ。近年になって耳にする機会も増えてきた言葉です。
では、代理店やフランチャイズとはなんでしょうか?フランチャイズとは、ビジネスモデルの一つです。
商品やノウハウなどを提供し、同一のブランド・イメージを以って営業を行わせ、提供側が報酬(ロイヤリティー)を得ることで成り立つ事業形態です。この形態をとっている例としては、ダスキンやセブンイレブン、郵便局などが含まれます。

この形態は商品やノウハウを提供する側であるフランチャイザーにとっても、受ける側であるフランチャイジーの両方に利点があるため、年々数が増えてきています。

代理店に対する疑問点

代理店やフランチャイズを利用する際の疑問点をご紹介いたします。

Q.代理店は、専門的な知識がないと利用できないのか?
A.専門的な知識がなくても利用できます。もし不安を感じるのであれば、資料請求をしたり、問い合わせをすることをお勧めします。

Q.どんな業種が利用しているのか?
A.幅広い様々な業種の方にご利用いただいています。コンビニエンスストアに始まり、小売業、ファストフード、ラーメン店、外食産業、不動産、クリーニングなどがあり、まだまだあります。私たちの周りには意外とたくさんの代理店であふれています。

Q.代理店と加盟店の違い
A.基本的には同じものです。しかし、代理店はフランチャイザジーでありながらフランチャイザーと同じ内容で営業します。反対に加盟店は内容が一部のみの場合もあります。

フランチャイズビジネス形態は、アメリカ発祥です。これからどんどん日本国内だけではなく、世界中で広がることでしょう。

COPYRIGHT(C) 2005-2015 MEDIA WORLD. ALL RIGHTS RESERVED.