代理店FC.comトップ > 代理店ガイド > 代理店のメリット・デメリット

メリットとデメリット

代理店として事業を開始した場合にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
まずは理解しておきましょう。

代理店のメリット

代理店になるメリットとしては3つ考えられます。
1つ目が「リスクが少ない」、2つ目が「即販売可能」、3つ目が「自由度が高い」。この3つです。

1、リスクが少ない

よくフランチャイズと代理店は比べられることが多いですが、代理店の場合、初期費用が0円~のところもあり、代理店を始めるに際に高額な費用が必要ありません。商品の仕入れ金のみというところもあります。自社商品開発を多額で行うと大手他社の参入により回収困難となるリスクもありません。

2、即販売可能

今までの経験や販売チャンネルをお持ちで、それに合う商材があれば、明日からでも販売できる手軽さがあります。例えば、健康食品の販売実績があった場合、その知識を活かして、サプリメントなどの商材を代理店として販売できます。

3、自由度が高い

フランチャイズの場合、事業を開始したらなかなかその事業から離れることができません。しかし、代理店の場合、いつでもやめることができます。販売を開始してあまり売れなかったということもビジネスではよくあることです。まずは代理店として販売を開始してみることも1つの手だと考えます。メーカーが驚くほど売れたということもあります。そのような場合は、メーカーと交渉することも可能になるのではないでしょうか。

代理店のデメリット

デメリットとしてはいくつか挙げられますが、代理店のデメリットは実はチャンスの場合もあります。
「未完成」「未保証」の点から見ていきましょう。

1、未完成

フランチャイズの場合、細かいマニュアルや研修などがある場合があります。しかし、代理店の場合はそのようなことを行わない場合もあります。マニュアルがないと悲観してはチャンスを逃します。代理店募集しているメーカーの販売方法が確立していないのであれば、代理店として自由に試行錯誤して販売方法を確立することができます。確立できればメーカーへの影響力も出てきますので、メーカーと共にステップアップできることも可能です。

2、未保証

代理店の場合、毎月の売上保証などは一切ありません。努力しなければ売上がないことになります。販売力に自信がない場合はデメリットといえるでしょう。しかし、そのような場合は、販売方法を教えてくれるメーカーの代理店となることも重要です。例えばインターネットに精通したメーカーの代理店となれば、今までの経験できなかったネット販売のノウハウを埋めることができるかもしれません。

COPYRIGHT(C) 2005-2015 MEDIA WORLD. ALL RIGHTS RESERVED.