代理店FC.comトップ > 代理店ガイド > 販売方法

商材を販売するチャンネル

販売方法などは、メーカーの指導があることもありますので、それに従い行います。
その他にも今までの経験を活用して販売することで、大きな成果を出すこともできます。

即存客

既存客に受け入れられそうな商材であれば、既存客へのアプローチで短期間で収益を得ることが可能になります。
その意味でも商材探しは大変重要になります。

Webサイト

サービス名や商品名などで検索している人は、間違いなく見込み客だといえます。代理店として販売するホームページを作成して、その見込み客を拾い上げ、購入に繋げる施策も必要です。ホームページ制作会社も得意分野が様々ですので、よく判断する必要があります。また、 Webサイトを立ち上げただけでは売上には繋がりませんので、SEOやリスティング広告、アフィリエイトなどの広告掲載も必要です。

電話・メール

見込み先の電話やメールアドレスがあれば、そちらに電話をしたり、メールマガジンを発行する販売方法です。
電話した後に商材の資料を送ったり、訪問することで商品の紹介をします。メールマガジンの場合は、販売するホームページへリンクするなどして、購入へのキッカケを作れます。

チラシ

各家庭へ回りポスティングする方法がありますが、自分たちで行うかポスティング専門業者に頼む方法もあります。また、チラシを新聞折込チラシとして配布する方法があります。費用が掛かりますが短期間で大量に配布することが可能です。

イベント

商材に似合った展示会など出展してみるのもいいでしょう。また人が集まる場所(ショッピングモール・駅など)の一角を借りて、そこでイベントを開催するのも、実際に人と会って話す機会などもあり、反応も感じることも出来ます。

 

いろいろと販売方法を書きましたが、まだまだあります。
まずは、「今までの経験を活かすこと」「経験や既存客に似合った商材を探す」ことが何よりの成功の近道だと思います。
商材・サービスのメーカーや企業と密に情報交換を行うことも重要なポイントです。

COPYRIGHT(C) 2005-2015 MEDIA WORLD. ALL RIGHTS RESERVED.