代理店FC.comトップ > お役立ちコラム一覧 > 光永 尚慰さんコラム > 小さな会社の『自分で考え行動する』社員の創り方⑪

小さな会社の『自分で考え行動する』社員の創り方⑪

コンサルタントエム 光永 尚慰

2014年07月29日発行

社員に仕事を任せる際に気を付ける3つのポイント③

前回は社員に仕事を任せる際に、気を付けていただきたい3つのポイントのうち、一つ目の「必要以外の情報は渡さない」についてお話しました。今回は残り二つのポイントについてお話します。

二つ目のポイント「期限までの見積もり時間を通常の2~2.5倍とる」です。これは想像し易いと思いますが、社員は不慣れな仕事をするわけですから、あなたがやるよりもずっと時間がかかります。
この見積もり時間の設定が厳しいと、なかなか最後まで「自分で考えてみなさい」という姿勢を貫くことが困難になり、全てを教えてしまいたくなるのです。なので、見積もり時間は自分が思っている以上に設定することをお勧めします。

ここで注意していただきたいのが、あなた自身の中で、この仕事の「デッドライン」を設定しておくという事です。最悪の事態として、その社員が仕事を全うできないことも想定しておく必要があります。その場合でも慌てずに対応できるだけの時間も計算しておいて下さい。

最後、三つ目のポイント「自分が完結できる仕事を任せる」です。仕事を任せられた社員は、「仕事を期限までに終わらせられるか…」と常に不安を持っています。そこであなたに質問に行ったところ、「分からない」では更に不安は増加するでしょうし、「自分ができない仕事を社員に押し付けた」という印象を持たれてしまうと、せっかく築きあげてきた信頼関係が壊れてしまいますので、この点は注意して下さい。

如何だったでしょうか?この方法を実践すると、社員がいろいろと考えている事に気付きます。社員が成長したな、と感心した時は、すかさず褒めて下さい。タイミング良く褒める事で、社員の成長は更に加速していきます。次回は社員の上手な褒め方についてお話したいと思います。

光永 尚慰
コンサルタントエム
組織人事コンサルタント兼社会保険労務士
社労士業務と合わせて、採用・社員教育・人事制度構築など、人事領域に特化したコンサルティングを福岡の中小企業を中心に行っている。

URL:http://consultantm.com/
電話番号:092-822-7518(代)

コンサルタントエム 光永 尚慰さんのコラムです。

COPYRIGHT(C) 2005-2015 MEDIA WORLD. ALL RIGHTS RESERVED.